両親が離婚をして私は母に引き取られました。最初は女同士、楽しく生活を送っていましたが母が職場で好きな人が出来てからは徐々に生活が変わりました。家にも彼氏を連れて来たりするので私は家にいるのが嫌になり家出少女になりした。母からは心配のメールが一応届きますが、友達の家に泊まっているから平気とメールを送るとそれ以上何も送って来ませんでした。友達の家に泊まったり、バイト店長に頼み休憩室に泊まったり、正直今後どうすればいいか分かりませんでした。そんな私を見かねて店長が社員寮が一部屋空いているのでしばらく使っていいと言ってくれました。「家出少女もいいけど、いい加減この先のことを考えないとダメだぞ。」「店長が私と結婚してくれたらいいのに。そしたら家出 ビッチな女子大生 少女も卒業出来るしね。もし結婚してくれたら好きな人と一緒に居られるから私は幸せになれるね。」「俺には妻子がいるから無理。」「分かってます。ただ言っただけ。」でも、本当は少し期待をしている私。自分の気持ちを言ったことによって店長が私を見る目が少しでも変わればいいのになと思ったからです。案の定、店長は何かと理由をつけて私がいる宿舎に顔を出すようになりました。店長自身は仕事がない日でもちゃんと生活しているか心配で様子を見に来ていると言っていますが、本当は私のことを好きと少しずつ思っているのかなと思いました。 それから2ヶ月後。私は店長を再度口説き落としました。そして、不倫という言葉だけど付き合うようになりました。 ネカフェ難民 神待ちサイト
書き込みはまだありません。
222